首都圏不動産公正取引協議会−消費者向けホームページ−
トップページ > 住まいを選ぶ前に知っておきたい(消費者向けページ) > 広告の見方(賃貸住宅の場合)

◆ 広告の見方(賃貸住宅の場合)

 

 

■賃貸住宅

[1] 賃貸住宅の場合、地番は省略できます。

[2] 徒歩1分=80m(道路距離)で算出し、信号待ちや坂道などは考慮されていません。

[3][5][6] 毎月支払わなくてはいけない賃料のほか、契約時の初期費用として、札金や敷金、その他諸費用などが必要な場合には、その額が表示されます。敷金などについて、退去時に一部が返還されないことが契約の条件となっている場合があります。

[4] 管理費(共益費)が必要な場合には、その額が表示されます。

[7] 数字は居室の数で、DKは「ダイニングキッチン」を表します。

[8] 専有面積は、壁などの中心線で固まれた部分の面積(壁心面積)が表示されます。

[9] 取引対象物件の階数と所在階が表示されます。

[10] 建築された年月が表示されます。

[11] 住宅総合保険等の損害保険への加入が契約の条件となるときには表示されます。

[12] 入居できる時期を表示しています。「即」とある場合は、契約後すぐに入居可能という意味です。

[13] 入居する際の必須または任意の条件が表示されます。

[14] 情報登録日または直前の更新日および次回の更新予定日が表示されます。表示内容に変更があった場合や取引が成立した場合には、次の更新日までに修正または削除されます。
 なお、新聞折込チラシ等の場合は、「取引条件の有効期限/平成00年0月0日末日」等と表示されます。この期限内に賃料等を値上げすることはできません。

[15] 取引が成立した場合は賃料の1か月分を上限とする報酬(手数料)を支払う必要があります。

 

トップページ 協議会について 公正競争規約 公取協通信 相談&違反事例 不動産広告管理者養成講座 書籍のご案内 消費者向けHP