首都圏不動産公正取引協議会−消費者向けホームページ−
トップページ > 住まいを選ぶ前に知っておきたい(消費者向けページ)

 消費者の皆さんが住まい探しをする場合の最も身近な情報源は、新聞やチラシ、インターネットなどの広告でしょう。不動産広告には、消費者保護を目的に、その表示方法などに関していくつかの規制が設けられています。

 そのひとつが「不動産の表示に関する公正競争規約」(表示規約)。

 このルールは、消費者の利益と不動産業界の公正な競争秩序を守るために、昭和38年に公正取引委員会の認定を受けて業界が設定している自主規制ルールです。

 表示規約には、不動産広告に表示しなければならない事項や表示する際の基準がきちんと定められており、もし不動産公正取引協議会の加盟事業者が誤解を招くような表現など、ルール違反をしたときは、各地区の不動産公正取引協議会が警告や違約金課徴などの厳しい措置をとって広告の適正化に努めています。

 各地区の不動産公正取引協議会で構成する不動産公正取引協議会連合会では、消費者の皆さんが安心して住まい選びができるよう、この小冊子を作りました。失敗しない家探しのためにお役立てください。

小冊子表紙(クリックすると全文が
ダウンロードできます)

−コンテンツ−

 

トップページ 協議会について 公正競争規約 公取協通信 相談&違反事例 不動産広告管理者養成講座 書籍のご案内 消費者向けHP