首都圏不動産公正取引協議会ホームページ
トップページ > 不動産広告の相談事例(表示規約) > 広告表示の開始時期の制限
Q.建築確認や開発許可を受けていない物件でも「予告広告」ならできますか?

 建築確認や開発許可を受ける前、もしくは申請中の物件であるのに、なるべく早く一般消費者に告知したいという気持ちからか、「販売予告」や「予告広告」等と称して広告したいという相談が多く寄せられており、また、実際に広告していた事例がありますが、建築確認や開発許可を受けるまでは販売予告等と称しても一切の広告はできません。このような広告を行ってしまうと表示規約第5条の広告表示の開始時期の制限に違反することとなります。
 いわゆる「予告広告」というのは、[1]分譲宅地、[2]新築分譲住宅、[3]新築分譲マンション、[4]新築賃貸マンション及び[5]新築賃貸アパートのいずれかであって、[1]は開発許可、[2]から[5]は建築確認を受けているけれども、販売価格や募集賃料が決まっていない時に行える広告手法です(予告広告の手法等の詳細は、表示規約第9条と同施行規則第5条をご覧ください。)。
 なお、表示規約第11条で規定する「シリーズ広告」も建築確認や開発許可を受けた後でなければできませんのでご注意ください。

トップページ 協議会について 公正競争規約 公取協通信 相談&違反事例 不動産広告管理者養成講座 書籍のご案内 消費者向けHP