首都圏不動産公正取引協議会ホームページ
トップページ > 不動産広告の相談事例(表示規約) > 必要な表示事項
Q.中古住宅の売却依頼を受け、自社ホームページで広告していますが、売主から「賃借人の募集も同時に行ってほしい」と言われました。どのように表示の修正すればよいでしょうか?

 質問のケースは、売主が中古住宅について、売買(所有権の取引)でも、賃貸(建物の賃借権の取引)でもよいとするものです。次の[1]に記載の現在の中古住宅の売却の広告に、次の[2]に記載のとおり賃貸住宅としても取引する旨及びその取引条件の表示を追加すればよいでしょう。

[1]現在の広告表示

  中古一戸建て 価格3,980万円
○○線○○駅 徒歩10分
○○市○○町2丁目
土地/130m2(ほか私道8m2
建物/105m2
建築年月/平成5年10月
取引態様/仲介
情報登録日/平成24年6月20日
次回更新予定日/平成24年7月4日

[2]追加の表示事項

  ※ ご希望により賃貸での取引にも応じます。この場合の賃貸条件は次のとおりです。
賃料/15万円
共益費/1,000円
礼金/1か月
敷金/2か月
損害保険料/別途必要
その他諸費用/家賃保証料(年間)30,000円、鍵交換代15,750円、退去時クリーニング代50,000円
トップページ 協議会について 公正競争規約 公取協通信 相談&違反事例 不動産広告管理者養成講座 書籍のご案内 消費者向けHP