首都圏不動産公正取引協議会ホームページ
トップページ > 不動産広告の相談事例(表示規約) > 必要な表示事項
Q.総戸数15戸のマンション1棟を一括で販売しようと考えています。ホームページで広告する場合の必要な表示事項を教えてください。

 マンション等の全戸を一括して売却する場合は、土地付建物の取引となりますので、表示規約第8条(必要な表示事項)の別表5の「新築住宅・中古住宅・新築分譲住宅で残戸数が1戸のもの」に掲げる以下の必要な表示事項をすべて記載する必要があります。

    1. 広告主の名称又は商号並びに事務所の所在地
    2. 広告主の事務所の電話番号
    3. 宅建業法による免許証番号
    4. 取引態様
    5. 交通の利便
    6. 土地面積及び私道負担面積
    7. 建物面積
    8. 建物の建築年月
    9. 価格
    10. 情報登録日又は直前の更新日及び次回の更新予定日    

をすべて記載する必要があります。
 しかし、これらの必要な表示事項は、中古住宅や新築住宅などの土地付一戸建住宅を前提に定めたもので、一戸建住宅とマンション等の共同住宅とでは、建物の形質、構造、居住性などが異なりますから、一戸建住宅としての必要な表示事項を記載しただけでは、取引しようとする物件の構造等を説明するには不十分といえるでしょう。
 このため、前記の10項目に加えて、

    1. 総戸数
    2. 構造及び階数
    3. 一戸当たりの専有面積

を表示し、さらに、分譲物件と誤認されないように、建物を一括で売却する旨も表示する必要があるでしょう。

トップページ 協議会について 公正競争規約 公取協通信 相談&違反事例 不動産広告管理者養成講座 書籍のご案内 消費者向けHP