首都圏不動産公正取引協議会ホームページ
トップページ > 不動産広告の相談事例(表示規約) > 予告広告・シリーズ広告
Q.予告広告を行った後、本広告を行う前に販売することはできますか?

 結論からいいますと、本広告前に売買契約(賃貸物件の場合は賃貸借契約)等を行うことはできません。
 そもそも「予告広告」とは、「本広告(表示規約第8条に規定する必要な表示事項をすべて表示して物件の取引の申込みを勧誘するための広告表示をいう。)に先立ち、その取引開始時期をあらかじめ告知する広告表示」をいい(表示規約第4条第6項第3号)、本広告をすることを前提として表示規約第8条で定める 必要な表示事項の一部の表示の省略を認めているものです。
 したがって、本広告前に売買契約等を行った場合は、その予告広告は表示規約第8条の規定に違反することになります。

トップページ 協議会について 公正競争規約 公取協通信 相談&違反事例 不動産広告管理者養成講座 書籍のご案内 消費者向けHP