首都圏不動産公正取引協議会ホームページ
トップページ > 不動産広告の相談事例(表示規約) > 予告広告・シリーズ広告
Q.新築分譲マンションの本広告前に来場者に対して「会員限定分譲」と称したDM(ダイレクトメール)を送り、販売することはできますか?

 表示規約では、予告広告は「・・・・価格等が確定していないため、直ちに取引することができない物件について、その本広告に先立ち、その取引開始時期をあらかじめ告知する広告表示をいう。」と規定(第4条第6項第3号)し、第8条に規定する必要な表示事項のうち、新築分譲マンションの場合は、価格、販売戸数、管理費等の一部の事項を省略できる代わりに、

    1. 予告広告である旨、
    2. 価格が未定である旨、
    3. 販売予定時期、
    4. 本広告を行い取引を開始するまでは、契約又は予約の申込みに一切応じない旨及び申込みの順位の確保に関する措置を講じない旨、
    5. 予告広告をする時点において、すべての予定販売戸数を一括して販売するか、又は数期に分けて販売するかが確定していない場合は、その旨及び当該予告広告以降に行う本広告において販売戸数を明示する旨

を記載するよう定めています(表示規約施行規則第6条第1項、3項)。
 すなわち、予告広告を行った後、本広告を行うまでは、契約又は予約の申込み及び申込みの順位の確保につながることはできないことになっています。
 したがって、本広告を実施する前に来場者に対して「○○マンション倶楽部会員限定分譲のお知らせ○月○日から先着順登録開始」等と記載したDM(ダイレクトメール)を送り、販売を開始することはこの規定に違反することになります。
 たとえ反響が多くあったとしても、お尋ねのような広告はできませんので、必ず本広告を行ってから販売するようにしてください。

トップページ 協議会について 公正競争規約 公取協通信 相談&違反事例 不動産広告管理者養成講座 書籍のご案内 消費者向けHP