首都圏不動産公正取引協議会ホームページ
トップページ > 不動産広告の相談事例(表示規約) > 物件の内容・取引条件等に係る表示基準
Q.物件から駅、学校等の施設までの所要時間や道路距離を測る場合の起点と着点

 地上駅の場合は、駅舎の出入口を起着点、地下鉄の駅の場合は、地下鉄の出入口(例:A1番出口等)を起着点とすればよいこととしています。なお、大きなターミナル駅等で出入口が複数ある場合は、その出入口の名称(例:「中央口」「南口」「○番出口」等)を明らかにして表示したほうが望ましいでしょう。
 学校の場合は原則として、正門までの距離を算出しますが、登下校時に裏門も開いている場合は裏門でも差し支えありません。
 また、公園内の通路等を経由した道路距離によって徒歩所要時間を算出することもできますが、通勤・通学の時間帯にも通行できることが前提となります。

トップページ 協議会について 公正競争規約 公取協通信 相談&違反事例 不動産広告管理者養成講座 書籍のご案内 消費者向けHP