首都圏不動産公正取引協議会ホームページ
トップページ > 不動産広告の相談事例(表示規約) > 物件の内容・取引条件等に係る表示基準
中古マンションで専有部分の壁心面積やバルコニーの正確な面積が分からない場合の表示方法

 マンションの専有面積は、床面積(建物の各階又はその一部で壁その他の区画の中心線で囲まれた部分の水平投影面積=壁心面積)を表示するのが原則ですが、中古マンションについては、いわゆる内法面積(登記簿に記載された面積)をその旨を明らかにして表示することもできます。
 従って、お尋ねの場合は、「専有面積/○○m2(登記面積)」と表示してください。
 また、バルコニーの面積は登記されていませんから、現地で計測し、そのおおむねの面積が、例えば10.4m2である場合には、後々、実測よりも狭いなどといったクレームを招かないよう、端数を切り捨てるなど「バルコニー面積/約10m2」等と表示すればよいでしょう。

トップページ 協議会について 公正競争規約 公取協通信 相談&違反事例 不動産広告管理者養成講座 書籍のご案内 消費者向けHP