首都圏不動産公正取引協議会ホームページ
トップページ > 不動産広告の相談事例(表示規約) > 特定用語の使用基準
「新築」や「DK」「LDK」などの用語の使用基準はありますか?

 表示規約第18条第1項は、次の(1)から(6)までに掲げる用語を用いて表示するときは、それぞれ「当該各号に定める意義に即して使用しなければならない」と定めています。
 また、(3)及び(4)の用語については、「その広さの目安となる指導基準」も別に定めています。

  (1)新築  
     「建築後1年未満であって、居住の用に供されたことがないもの」に限り、新築という用語を使用することができます。
 時折、「売買契約を締結した後、購入者名義で登記してしまったが、購入者が一度も住むことなく解約となり、再度、販売することになったが、建築後1年経過していないので新築と表示できるか」という相談が寄せられますが、この用語の意義に反しない限り、登記していたとしても使用することができます。
 なお、「建築後1年以上経過しているけれども、未入居の物件はどう表示すればよいか」という相談も寄せられますが、表示規約では「中古」という用語の意義は定めていませんので、「未入居戸建」等と表示すればよいでしょう。
 
  (2)新発売  
     「新たに造成された宅地又は新築の住宅(造成工事又は建築工事完了前のものを含む。)について、一般消費者に対し、初めて購入の申込みの勧誘を行うこと(一団の宅地又は建物を数期に区分して販売する場合は、期ごとの勧誘)をいい、その申込みを受けるに際して一定の期間を設ける場合においては、その期間内における勧誘」をいいます。  
  (3)ダイニング・キッチン(DK)  
     「台所と食堂の機能が1室に併存している部屋をいい、住宅(マンションにあっては、住戸。)の居室(寝室)数に応じ、その用途に従って使用するために必要な広さ、形状及び機能を有するもの」をいいます。
※ 「広さの目安となる指導基準」はこちらです。
 
  (4)リビング・ダイニング・キッチン(LDK)  
     「居間と台所と食堂の機能が1室に併存する部屋をいい、住宅(マンションにあっては、住戸。)の居室(寝室)数に応じ、その用途に従って使用するために必要な広さ、形状及び機能を有するもの」をいいます。
※ 「広さの目安となる指導基準」はこちらです。
 
  (5)宅地の造成工事の完了  
     「宅地上に建物を直ちに建築することができる状態に至ったことをいい、当該工事の完了に際し、都市計画法その他の法令による工事の完了の検査を受けることが必要とされるときは、その検査に合格したこと」をいいます。  
  (6)建物の建築工事の完了  
     「建物をその用途に従い直ちに使用することができる状態に至ったこと」をいいます。
 「使用することができる状態に至った」とは、ガス、水道、電気等が整備され、住むことができる状態に至ったことをいいます。
 なお、建築工事の完了検査を受けた場合には、その検査をもって完了となります。
 
トップページ 協議会について 公正競争規約 公取協通信 相談&違反事例 不動産広告管理者養成講座 書籍のご案内 消費者向けHP