首都圏不動産公正取引協議会ホームページ
トップページ > 不動産広告の相談事例(表示規約) > 二重価格表示
すでに6か月間販売している新築分譲マンションの売れ残り住戸(20戸)を一括して買い取り、前売主が販売していた価格を値下げして新たに販売する場合、前売主が販売していた価格を比較対象とした二重価格表示は可能でしょうか?

 表示規約第20条において、不当な二重価格表示は禁止されていますが、表示規約施行規則第13条及び第14条の規定に適合する場合は、これを行うことができます。
 お尋ねの場合は、規則第13条第2号〔比較対照価格に用いる過去の販売価格は、値下げの3か月以上前に公表された価格であって、かつ、値下げ前3か月以上にわたり実際に販売のために公表していた価格であること。〕及び第4号〔土地(現況有姿分譲地を除く。)又は建物(共有制リゾートクラブ会員権を除く。)について行う表示であること。〕に適合するとみられますので、第1号の「過去の販売価格の公表時期及び値下げの時期」を明示して二重価格表示を行うことができます。
 しかしながら、この規定による二重価格表示は、通常、売主に変更がない状況で行われていますが、お尋ねの場合は、売主が変更されており、また、貴社は過去に旧価格でこのマンションを販売していた実績がありませんから、広告には、前売主から買い取って販売するものである旨を併せて表示する必要があるでしょう。

トップページ 協議会について 公正競争規約 公取協通信 相談&違反事例 不動産広告管理者養成講座 書籍のご案内 消費者向けHP