首都圏不動産公正取引協議会ホームページ
トップページ > 不動産広告の相談事例(表示規約) > 不当表示の禁止
不当表示の禁止
  Q. 2LDK+S(納戸)の物件を、売却依頼者の強い希望があって「3LDK」と表示したい
  Q. 居室であるか納戸であるかの別を記載していない間取り図を掲載したい
  Q. 6LDKの一戸建住宅について、「二世帯住宅向き」と広告したい
Q. 「イメージフォト」と説明を加えた上で、外国の著名な大都市の公園の鳥瞰写真と当該物件のパースを合成した写真を掲載したい
  Q. 「このパースはイメージで現況とは異なります。現況と異なる場合は現況を優先します」等と注記すれば、実際と異なる建物のパースを載せることは可能でしょうか?
  Q. 「この間取図と現況が相違する場合は、現況が優先されますので予めご了承下さい。」等と注記すれば、現況と異なる間取図を掲載することは可能でしょうか?
  Q. 100%ローンが利用できる場合、「頭金0円。ただし契約時に手付金50万円を申し受けます。手付金は融資実行時に返還します。」等と表示してもよいでしょうか?
  Q. 前面道路にある電柱や電線を消して、現地写真と物件をCG合成した写真の下に「※現地写真に建物完成予想図をCGにより一部修正を加えて合成したものです。実際とは多少異なります。」と表示したいが、問題ないでしょうか?
  Q. 販売済みの建物がメインに写っている現地写真の掲載
  Q. 「仲介手数料0(ゼロ)」等の表示
トップページ 協議会について 公正競争規約 公取協通信 相談&違反事例 不動産広告管理者養成講座 書籍のご案内 消費者向けHP