首都圏不動産公正取引協議会ホームページ
トップページ > 不動産広告の相談事例(表示規約) > 不当表示の禁止
2LDK+S(納戸)の物件を、売却依頼者の強い要望があって「3LDK」と表示したい。

 建築基準法第28条の規定に適合しないため居室と認められない納戸その他の部分についは、寝室その他の居室であるかのように「3LDK」と表示することはできませんし、1室としてカウントすることもできません。
 仮に、この売却依頼者の強い要望に応じて「3LDK」と表示した場合、広告の表示責任は売却依頼者ではなく、広告主である不動産事業者が負うことになります。
 「納戸」とは何かをしっかりと説明して正しく表示してください。

トップページ 協議会について 公正競争規約 公取協通信 相談&違反事例 不動産広告管理者養成講座 書籍のご案内 消費者向けHP