首都圏不動産公正取引協議会ホームページ
トップページ > 不動産広告の相談事例(表示規約) > 不当表示の禁止
「この間取り図と現況が相違する場合は、現況が優先されますので予めご了承下さい。」等と注記すれば、現況と異なる間取り図を掲載することは可能でしょうか?

 掲載した間取り図と現況との相違の程度にもよりますが、例えば、3LDKを2LDKに間仕切りを変更しているような場合には、お尋ねのような文言を注記していても、当初に消費者が想定した範囲を超えていますから不当表示となることを免れることはできません。
 したがって、現況に沿った間取り図を掲載するか、これを制作する時間的余裕がない場合などは、間取り図の掲載自体、任意ですので掲載をやめるべきでしょう。

トップページ 協議会について 公正競争規約 公取協通信 相談&違反事例 不動産広告管理者養成講座 書籍のご案内 消費者向けHP