首都圏不動産公正取引協議会ホームページ
トップページ > 不動産広告の相談事例(表示規約) > 不当表示の禁止
前面道路にある電柱や電線を消して、現地写真と物件をCG合成した写真の下に「※現地写真に建物完成予想図をCGにより一部修正を加えて合成したものです。実際とは多少異なります。」と注記して表示したいが、問題ないでしょうか?

 この表示案は、物件の周囲の環境に変更を加えており、実際のものよりも著しく優良なものであると誤認されるおそれのある不当表示(表示規約第23条第41号及び第43号)に該当します。また、表示規約施行規則第10条(物件の内容・取引条件等に係る表示基準)第23号において、「宅地又は建物の見取図、完成図又は完成予想図は、その旨を明示して用い、当該物件の周囲の状況について表示するときは、現況に反する表示をしないこと。」と規定していますので、この表示基準を遵守して表示してください。
 なお、「一部修正を加えて合成したものです。実際とは多少異なります。」と注記したとしても、一般消費者の誤認が排除されるとは認められませんので、不当表示等の規約違反を免れることはできません。

トップページ 協議会について 公正競争規約 公取協通信 相談&違反事例 不動産広告管理者養成講座 書籍のご案内 消費者向けHP