首都圏不動産公正取引協議会ホームページ
トップページ > ポータルサイト広告適正化部会 > 不動産事業者向けの啓発(2012.12〜2013.02) > 申し込み済物件の速やかな削除
2013年2月度:申し込み済物件の速やかな削除

★各社が発信した統一タイトル★

【必読】申し込み済物件の削除、忘れていませんか?

 「申し込みが入った物件は、そのまま掲載していても問題にならないか」といった相談が、時折、当協議会に寄せられます。

 申し込みの段階であるので、“キャンセルになるかもしれない”という可能性があるということを否定できないものの、通常は、契約に至りますので、申し込みが入った時点で一度、掲載を削除していただき、もし、契約が成立しなかったら再度、広告するということを覚えておいてください。

 削除することを忘れて、数日後には契約に至り、その後も広告掲載が継続されれば、表示規約第21条で規定する「おとり広告」となります。

 表示規約では、おとり広告を以下の3つに分類しています。

[1] 物件が存在しないため、実際には取引することができない物件に関する表示

[2] 物件は存在するが、実際には取引の対象となり得ない物件に関する表示

[3] 物件は存在するが、実際には取引する意思がない物件に関する表示

 申し込み済物件が契約に至り、継続して掲載されていた場合、上記[2]に該当するおとり広告(契約済み物件)に該当します。

 契約済み物件の掲載が後を絶たない状況です。申し込みが入った時点で、一旦掲載を落とすことでおとり広告とならない未然防止につながります。
 なお、契約済み物件の消し忘れは、悪意がなくても(単なるミスでも)「おとり広告」になりますのでご注意ください。

トップページ 協議会について 公正競争規約 公取協通信 相談&違反事例 不動産広告管理者養成講座 書籍のご案内 消費者向けHP