首都圏不動産公正取引協議会ホームページ
トップページ > ポータルサイト広告適正化部会 > 不動産事業者向けの啓発(2013.06〜09) > 特定優良賃貸住宅(特優賃)の賃料の表示方法
2013年6月度:特定優良賃貸住宅(特優賃)の賃料の表示方法

★各社が発信した統一タイトル★

【特優賃】入居者負担額での賃料登録はご遠慮ください

 「特定優良賃貸住宅(特優賃)」など、入居者の所得等により、家賃補助を受けられる物件を広告する際に「賃料」欄に記載するのは、「契約家賃」となります。

 よくある違反のケースでは、この「賃料」等の欄に、「入居者負担額」を記載しているものが多く見受けられます。
 特優賃物件の表示方法は、契約後、一定期間は本来の賃料よりも安く住める、いわゆる“キャンペーン賃料物件”と考え方は一緒です。

 「賃料」欄に入居者負担額を記載すると、表示規約第23条第44号で規定する「物件の価格、賃料又はその他の費用について、実際のものよりも安いと誤認されるおそれのある」不当表示に該当しますので、ご注意ください。

トップページ 協議会について 公正競争規約 公取協通信 相談&違反事例 不動産広告管理者養成講座 書籍のご案内 消費者向けHP