首都圏不動産公正取引協議会ホームページ
トップページ > ポータルサイト広告適正化部会 > 不動産事業者向けの啓発(2015.07〜12) > 間取り図について
2015年7月度:間取り図について

★各社が発信した統一タイトル★

【注意】その間取図あってますか?

 間取り図を掲載する際には、実際に取引しようとする物件のものを掲載し、加工したりせずに使用してください(反転タイプの間取り図は、その旨を記載しても掲載できませんのでご注意ください)。

 表示規約で定める間取り図に関する規定は、
 ・第23条で不当表示規定、
 ・同規約施行規則第10条第23号で掲載する際の基準
を定めていますので参考にしてください。

表示規約第23条第1項第42号
〔写真・絵図〕
(42)モデル・ルーム又は写真、コンピュータグラフィックス、見取図、完成図若しくは完成予想図による表示であって、物件の規模、形状、構造等について、事実に相違する表示又は実際のものよりも優良であると誤認されるおそれのある表示
同規約施行規則第10条第23号
(23)宅地又は建物の見取図、完成図又は完成予想図は、その旨を明示して用い、当該物件の周囲の状況について表示するときは、現況に反する表示をしないこと。

※メンバー各社の規定により掲載できない主な間取り図を以下に記しておきます(詳細は各サイトにお問い合わせください)。

 
サイト 主な規定
アットホーム ・室内写真と窓やキッチンの位置が異なるもの
・間取り図中にキャッチコピーなどが記載されているもの
CHINTAI ・他号室の反転タイプや「現況優先」と表示した場合でも、実際と異なるもの
・間取り図中にキャッチコピー(店舗アピール)などが記載されているもの
ホームズ ・反転タイプや手書きのもの
マイナビ ・反転タイプのもの
スーモ ・企業PRや物件番号など間取り図に無関係な文言、要素が入っているもの
・平面で描いた図ではないもの(俯瞰図・立体図など)
トップページ 協議会について 公正競争規約 公取協通信 相談&違反事例 不動産広告管理者養成講座 書籍のご案内 消費者向けHP