首都圏不動産公正取引協議会ホームページ
トップページ > ポータルサイト広告適正化部会 > 不動産事業者向けの啓発(2016.07〜12) > 契約済み物件の継続掲載について
◇2016年10月度:契約済み物件の継続掲載について

★各社が発信した統一タイトル★

【要確認】契約済物件が載ったままになっていませんか?

 「契約が済んだ物件が掲載されている」という申告が、ほぼ毎日のように当協議会に寄せられてきます。

 契約済みの物件を削除することなく掲載していることは、その理由の如何を問わず、表示規約第21条で規定する「おとり広告」に該当します。

 インターネット広告においては、必要な表示事項として「情報登録日又は直前の更新日及び次回の更新予定日」を記載することを義務付けており、登録日(又は更新日)から次回の更新予定日までの期間は、少なくとも2週間以内とし、その期間内に契約済みとなった物件については、更新予定日前であっても速やかに削除することとしています。

 以前、とある不動産事業者が「2週間以内はおとり広告にならない」ということを言っていました。

 インターネット広告が主要な広告手段として定着し始めた平成20年頃は、そのような運用をしていましたが、現在は、そのような運用は一切しておりません。

 契約済み物件は、1日でも掲載されていたら「おとり広告」になります。

 リアルタイムで削除せず、定期的に訪れる「更新予定日」にまとめて削除しようとしているため、その時に削除するのを忘れてしまうのです。その結果、「2週間〜1か月〜3か月・・・」と掲載が継続されてしまうのです(掲載物件数が多すぎるのも問題ではありますが・・・)

 契約済み物件は、速やかに削除することを肝に銘じて広告を行ってください。

トップページ 協議会について 公正競争規約 公取協通信 相談&違反事例 不動産広告管理者養成講座 書籍のご案内 消費者向けHP