協議会の概要

公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会(略称:不動産公取協)は、不当景品類及び不当表示防止法第31条第1項の規定に基づき公正取引委員会及び消費者庁の認定を受けた「不動産の表示に関する公正競争規約」(略称:表示規約/不動産広告のルール)及び「不動産業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約」(略称:景品規約/景品提供のルール)を運用する不動産業界の団体です。

不動産公取協は、不動産広告を常時監視し、この規約に反した広告表示を行った不動産会社に対しては、必要な調査をした上で、不動産会社から事情を聞き、再び同様の違反広告をしないよう警告したり、違反内容によっては違約金を課徴しています。また、常時不動産会社や広告会社からの広告企画の事前相談を受け、違反広告の未然防止に努めています。

主要事業 規約の周知徹底 広告・景品提供の事前相談 規約違反の調査・措置

協議会ホームページはこちら
消費者向けサイト「住まいを選ぶ前に知っておきたい」